ニュース

どのようにクレーンを動かすのか、また、クレーンとうさぎを同時に動かすにはどうすればよいのかを考えました。

3年生は、iPadのアプリである"Scratch Jr."を使用し、プログラミングを学んでいます。
"Scratch Jr."はソフト内のキャラクターを使用して、自分の組んだプログラムと実行結果を比べながら、キャラクターを動かします。その過程で「プログラミング的思考」を育成することが目的とされています。基本的には物語を作ることが多いです。
しかし、子どもたちはさらに進化をさせ、ゲームを「開発」しました。この活動を通して、ICT機器に慣れるだけでなく、「プログラミング的思考」を身につけてほしいと思っています。
  • ボール一つ動かすのにもプログラムを組み、実行結果を予測、修正しなければいけません。

  • ボールをタッチするとボールが飛んでいき、そのボールを的に当てるゲームを考え、プログラムを組みました。

  • プログラムを組む課程で、今までなんとなくしていたゲームも、いろいろなプログラムの集大成であることにも気づくことができました。