ニュース

火災発生を想定した避難訓練を行いました。

今回は、1階児童靴箱口付近の火災を想定した訓練だったため、いつものように運動場への避難ではなく、講堂へ避難をしました。

火災による避難は、火元によっては使用できる階段や避難ルートが限られてくるため、避難する児童だけでなく、火元へ向かったり、校内点検をする教職員も、臨機応変な判断が必要になると再確認した訓練でした。

ハンカチを持参している児童は、ハンカチも活用することができました。
普段からハンカチを持ってくる習慣をつけることで、緊急時にも役に立つと考えます。
これを機会に、是非、ハンカチを持参する習慣をつけていきましょう。